読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The birthdayが好き。

どうも過去の文章を読んでいると、前は700キロ走って疲労困憊しているらしかった。

 

ここ二日間、トレーニングしていない。

 

ちょうど今月、700キロに到達したところでもある。

 

気分が乗らないわけではない。

 

仕事が忙しいスパイラルに入ったので止めているのである。

 

あえて。あえて、だ。

 

あえて乗らないことで疲労をどうにかする作戦。

 

そこで全く関係ない話題を書こうと思う。

 

The birthdayが好き。

 

私はずっとチバユウスケを聞いてきた。

 

中二の時、深夜番組でミッシェルの「リリィ」のPVに衝撃を受けて以来、ずっと。

 

ずっと追いかけてきた。

 

今度のアルバムもいい。

 

とてもいい。

 

歌詞もずっとチバさんが書いていて、一曲がひとつの物語のようになっている。

景色が浮かぶバンドなんて、そうそういない。

 

この中で一番は決められない。

 

強いて言うならしっとりめの曲がいい。

 

 「SMALL TOWN」

 

かな。これに入っています。 

WATCH YOUR BLINDSIDE

WATCH YOUR BLINDSIDE

 

 

他にも「BITCH LOVELY」なんかも入っていて、前のギタリスト「イマイアキノブ」黄金時代と言える一枚にもなっています。

 

イマイさんのギター、好きなんです。

 

前に勤めていた会社では仕事が辛すぎて生きているのか死んでいるのか分からない、いやむしろ生きながら死んでいるような状態でした。

そんな私を支えて、なんとか生きながらえさせてくれたバンド、です。

 

NIGHT ON FOOL(初回限定盤)(DVD付)

NIGHT ON FOOL(初回限定盤)(DVD付)

 

 「Nigth on fool」

これには何度も何度も救われました。

一番辛いときにリリースされました。

ライブにも行きました。

それからすぐに、仕事を辞めました。

 

仕事を辞めてから、旅に出ました。

四国お遍路して、一年ほど休養していました。

 

このアルバムの最後に入っている曲。

「カーニバル」

チバさんの歌詞、「旅に出よう」と歌っています。

生きていてもいいんだなと感じさせてくれます。

 

生きるってすばらしいことなんだ。

生きているだけ、ただそれだけのことが、本当に素晴らしい。

バースデイを聴くと、いつもそう思うのです。

そして、今日も明日も生きて帰ってこようと誓い、自転車に乗るのです。

 

サイクリストは脚の毛を剃る。

今日は毛剃りについて書きます。

 

以前、私が自転車を始めたばかりの頃、「じこまん」という漫画を読みました。

 

じこまん 1

じこまん 1

 

自転車がいかに「じこまん」なモノなのか。

否、いかに「じこまん」がステキなモノなのかを説いた漫画です。

 

この中で、すね毛を剃っていないサイクリストの写真が『いかにおぞましいか』の描写があります。

 

これを読んで以来、ためらいは多々ありましたが、自分のすね毛も剃るようになりました。

 

結論として、T字のカミソリを現在も使用しています。

 

特にムズカシイのは初回。

 

ある程度長いすね毛は、カミソリの刃と刃の間に絡まって、切れなくなるからです。

 

まずは電動シェーバーのもみ上げ処理の方で、ある程度刈りましょう。

 

電動シェーバーがない方は、「順ぞり」でいけると思います。

 

T字のカミソリを上から下へ動かすように剃り、そのまま上にスライドさせます。

スライドさせた場合、刃と刃に詰まったすね毛が、剃っていない毛にからまって落ちます。

毛の生えている方向へ向かって剃る「順ぞり」。上から下。

毛の生えている方向に逆らって剃るのが「逆ぞり」。下から上へ。

 

私は順ぞりで済ませています。

 

そこまで神経質になる必要は無いと思います。

ある程度短くなっていたらそれでいいと思います。

海外からの旅行者の方でしょうか、あまり剃っていない人もけっこう見かけます。

 

以前、「逆ぞり」をやったときには脚が痒くなってしかたなかったことがあります。

気をつけて下さい。

毛が長くなるとき、剃りすぎると皮膚を突き破って生えようとしてくるので、掻いてしまい皮膚がめくれて痒くなります。

シェーバーのCMのように皮膚よりも深く剃るのはオススメしません。

 

ちなみに剃るときはボディーソープでやってます。

ないときは石けんですね。

アフターシェービングローション、みたいなものは使っていません。

 

一度剃ってしまえば、最高でも週で二度ほど順ぞりで維持できます。

毛深くはなりませんし、見た目、女性の脚かと思えるほど美しい(気がする)。

 

毛を剃れば、怪我をした場合に化膿する可能性も低くなります。

冬なんかは座っているとズボンが擦れて毛がよれて痛くなることもありますが、剃っていればスムース。

夏は涼しくて、何よりもロードバイクに乗った場合の空気抵抗が低くなります。

 

ロードバイク、乗りたい…………。

明日は美濃ステージ。

いっぱい写真撮ってくるんだー…………

TOJ・ツアーオブジャパン! 2016年、去年のいなべステージの模様!

 

 

まずは報告から。

フレームはまだ届いていないのですが、先にリアライトが届きました。

f:id:yukijimo:20170522212724j:plain

えっと、フレームの箱に同梱されてくるんだろうなと思っていたので、ちょっと意外でした。

 

さて、先日より開催されておりますTOJ・ツアーオブジャパン。

 

 

 

今日は京都精華町での第二ステージでした。

明日は三重はいなべ市での第三ステージ。

 

f:id:yukijimo:20170522214736j:plain

 

ま、前回の写真なので、TOJ会場の雰囲気を掴んで貰えればと思います。

(上の写真はそのときのモノ。晴れているが風が強く、半袖では寒かった記憶があります)

 

f:id:yukijimo:20170522222000j:plain

というのも、第四ステージが実家の側で開催される美濃ステージということもあり、個人的にTOJ熱が高まってきているわけです。

 

 始めはなんか家の前で「レースやってるな」

くらいの印象しかありませんでしたが、 ロードを購入してから過去の自分に後悔。

あのクリス・フルームも我が家の前を走っていたらしいのです。

2007年のことらしいです。(wikiより)

 

f:id:yukijimo:20170522222024j:plain

(こうして1年前の写真を見ていると、みんな良い自転車乗ってますね!)

 

それと新城幸也ですね。

スタッフをしていた父親の話によると、

「一人で逃げていて、脚が攣ったのでゼッケンを止めていた安全ピンを外して、自分の太ももにプスプスと刺して、さらに踏み倒していた」

 

「血をダラダラ流しながら走っていた」とも。

 

尋常ならぬプロ根性を感じます。

 

f:id:yukijimo:20170522221953j:plain

スタート前のゴール地点。

嫌な横風が吹いています。

地元の方の出すテナント(ピザやおにぎり販売)、各メーカーのテナント(ジャージなどの販売)、自治体のブースなどがあります。

「50m」の看板の後ろには、実況席が組まれています。

駐車無料。

お弁当なども持参可能ですが、手ぶらでもOK.

なんだか、美濃市いなべ市では気合いの入り方が違うように感じます。

(名古屋サイクルトレンドにもいなべ市のブースがありましたものね。キナンサイクリングチームがあるのが大きいのかな?)

 

f:id:yukijimo:20170522222507j:plain

f:id:yukijimo:20170522222511j:plain

 

 

f:id:yukijimo:20170522222518j:plain

f:id:yukijimo:20170522222519j:plain

梅林公園の16%の激坂にて。

ん?

ちらっとこっち見た?

 

f:id:yukijimo:20170522222054j:plain

f:id:yukijimo:20170522222116j:plain

先導のバイクもヨーロッパで活躍しているプロドライバーが来ていたそうです。

 

f:id:yukijimo:20170522222119j:plain

f:id:yukijimo:20170522222149j:plain

f:id:yukijimo:20170522222153j:plain

f:id:yukijimo:20170522222200j:plain

f:id:yukijimo:20170522222206j:plain

逃げグループ、からのMAVICカー。

f:id:yukijimo:20170522222213j:plain

f:id:yukijimo:20170522222217j:plain

f:id:yukijimo:20170522222221j:plain

f:id:yukijimo:20170522222226j:plain

f:id:yukijimo:20170522222231j:plain

f:id:yukijimo:20170522222415j:plain

f:id:yukijimo:20170522222418j:plain

からの、集団。

てな具合です。

去年は仕事で美濃ステージは観戦できませんでしたが、今年は行けます。

カメラ持って行きます!

超楽しみ!

 

 

PCDとクランクアーム数のミスマッチ。結果、DOVAL。

ねりっしもを組むに当たって、どうしても気に入らない点がありました。

 

それは手持ちの105クランクのアウターチェーンリングが50Tである、ということ。

 

オルカに付いていた105は、5アーム、PCD110で、50T。

 

いわゆるコンパクトクランク。

 

オルカは現在、53Tのアルテグラが付いているので同じく53Tか、ここは変化を持たせて52Tにしておきたい。

 

過去、53Tに変えてみて、「これぞロードバイクよね」っていう感覚があったのは確かで、ダンシングのタイミングもコンパクトだと合わなかったのだなと分かった。

 

くるくる回しても、思うように進まず、やきもきする印象。それがコンパクトクランク。

 

そこで安く済ませるため、チェーンリングだけ買い求めることにしたのだが…………

 

 

 

TIOGA Acentia(タイオガ アセンシア) チェーンリング 5アーム用 PCD:130mm 52T

TIOGA Acentia(タイオガ アセンシア) チェーンリング 5アーム用 PCD:130mm 52T

 

 そうそう、こんなのが出てきた。

上は約3500円。だがPCDは130だ。

 

コンパクトのPCDは110。

これは付けられない。

同様に、下のTIOGAのチェーンリングもPCD130のため、断念。

 

知りうるショッピングサイトを総動員しても、お安いノーマルチェーンリングは見つからず。

うーん、新しく105のクランク買うのもなぁ、ってな具合に。

何とかして下さいよ、シマノさん。

 

 

 で、そんなときに見つけたのがDOVAL。

昨日の記事に書いた、『中古のKOGA』に付けられていたので、その写真から検索して見つけました。

 

はい、楕円。

 

初楕円。

 

聞くところによると、ペダリング矯正としての楕円は効果があるようなので、さっそく注文。

中古でも安いクランクは中々ないため、即決でした。

特に、値段の安さが、ね…………。

 

DOVALのチェーンリングならば、PCDもアーム数も選べる。

 

53Tは売り切れなので、52Tを選択。

 

PCD110で、5アームでも大丈夫だよ、っていうメーカーは、大体お高い。

 

楕円率は低いかもしれないけれど、むしろその方がいい気もする。

 

フレーム届くのが楽しみで、ちょっと不安な感じ。

 

自分で組めるのか?

 

10速と、おニューのフレーム

アルテグラ6800。

 

現在、オルカに装備されているコンポーネントです。

 

当然、11速。ホイールもスプロケットも11速対応のもの。

 

変速がとてもスムーズで、重量もさほど気にならない。

 

ブレーキはデュラエースが付いているので分からないが、正直、ブレーキもアルテグラで良かった気もする。

もしくは変更後、すぐに発売された5800のブレーキか。

 

 

だがここで一つ問題がある。

 

アルテグラに変える前に使用していた5700のコンポーネント一式が余っている。

 

もう3年くらい経ったのだろうか。

 

押し入れの中で眠っている。

 

脚力は前より格段に付いてきている気がする。

 

重量差を考えるだけなら、変速しない平地では105とアルテグラの違いなんて気にならないくらいには。

 

いやむしろ、旧105って、オシャレじゃね?

と思い始めた。

 

5アームクランク。

漢の10速スプロケット

アルテ11速では使用できないR500の鉄下駄ホイール。

 

山で、平地で、この5700シリーズ105で、抜き去った相手からは見えなくなるくらい加速したら楽しいだろうなって…………。

 

もちろんTIMEフレームへの夢は潰えたわけではありません。

 

もうすぐボーナス時期ですし、海外通販を舐めるように日々観察している私としては、いくつか目星もつけてある。

 

そんな折り、ふといままでは気にも止めていなかったあるメーカーの、あるフレームに目が止まりました。

 

いえ、あるメーカーのあるフレームの、「価格」に目が留まったのです。

 

DEDACCIAI Nerissimo

 

でだちゃい、ねりっしも。

ずーっと、お安い価格で、あのサイトにあったもの。

買ったのか?

もちろんだ。

買った。買ってしまった。

 

買ってしまうまでに至る言い訳

  • おニューのフレームが必要なのか
  • 中古フレームではだめなのか
  • 他のフレーム価格との比較はどうか
  • 試乗していないメーカーでもいいのか
  • 所有欲はどうか?

 

まずはなぜおニューのフレームが必要なのか。

まずはオルカのシフトワイヤーが切れてしまったことが発端。

練習できないじゃん。

ってことで、二台持ちならそれも解消されるし、自分でいじることも怖くない。

失敗しても、もう一台で走りに行けばいいのですから

 

中古フレームサイトや、ヤフオクなんかもつぶさにチェックしていました。

大体、8万円くらいまでで、ミドルグレードのフレームがあれば、なんて思っていましたが、なかなか無い

もういっそ、3万円くらいのアルミフレームでもいいか、と。

しかしサイズがない。汚い。などの理由で、購入に踏み切るものは出ませんでした。

唯一、KOGAのキメラが出たことがあったのですが、気付いたときにはもう売れていました。ぐぬぬ

 

で、KOGAいいなって思って探してみましたが、新品15万。

じゃあ、ニールプライド所有してみたい、と思いましたがおよそ30万は必要。高くて無理。

12万払えばボテッキアのフレーム買えますが、あるときショップで触ってみたことがあり、かっこいいフレームでしたがちょっと違う感じ。

何がって、よく分からないけれど。強いて言うなら色、かな。

あとの候補はカレラのあれ。

フレームで12万。ボテッキアと変わらないやん。剛性も高そうだし。軽量。

ただし、見た目……。やっぱり色が気に食わん。

 

と、

 

こんな調子で考えていると、ずっと同じ場所にあったでだちゃいに目が行きます。

ねりっしも、8万円。

いや、8万出すなら12万出してカレラでしょ。

っていうか、それなら20万だしてデローザのぴにんふぁりーなっしょ。

いやいや、パワーメーターつけたらええやん。

待て待て待て、TIMEフレームの時までとっとけって。

 

と、

 

天使たちが大声でわめき散らすのです。

それらを完全に無視した結果、試乗なんてどうでもいい。

所有欲?

笑わせんな。練習できればええねん。

 

と、

 

私の中の関西弁の悪魔がこそっとしゃしゃり出て、ポチッと。

 

5700の105で、どこまでやれるか。

いかに低予算で、オルカをやっけられるのか。

そして、一番の決め手になった動画があります。

 

www.youtube.com

これっす。

 

 

あとは届くのを待つばかり。

ブレーキ、どうしようかな。

前だけアルテにしてみるかな。

 

エーゼットさんのケミカルが安い! ロード、車、バイクのメンテナンスに!

お題の通りです。

 

現在、アマゾンでエーゼットさんのケミカル類がお安く販売されています。

 

売られているのはチェーンオイルを始め、チェーンクリーナー、カーシャンプー、ガラスコーティング材などがあります。

 

ただし、これはすべて試供品サイズ。

 

肝心のお値段は98円から。

 

ん?

 

安すぎない?

 

どーせ小さいサイズなんでしょ?

 

いや、でも全部買っても1000円くらいか。

 

ってことで、注文してみました。

 

 

 これとか、

 

 

 ↑これは108円。

 

 これとか、

 

 こんなのが98円。

 

いやいやいや、充分ですよ。

 

製品と比べて、内容量が少ないのはありますが、普段、自転車に使う分には十分な量。

 

まして、パーツクリーナーの類いは結構使いますからね。

 

これは有り難い。

 

お次はこれ。

 

 

 上から248円。198円。248円。三つで約700円。

 

いつもシュアラスターのガラス系コーティング材を使っていますが、シュアラスターのマイクロファイバーより若干大きめのモノが三つも手に入ります。

 

って、真ん中のやつだけ注文してなかった〜。

 

やっちまったー。

 

でもこれで700円なら安い。

 

それぞれ一回までの注文しか出来ないみたいなので、買いそびれたやつ、いまからでも注文しようかな。

 

使ってみてどうなのか?

 

まずはチェーンクリーナー。

 

普段からエーゼットさんの、コレ。

 

使っているのだが、スプレー缶なので、吹き付けてウエスで拭っただけでチェーンにこびりついた泥カスがとれるとれる。

 

これならお手軽でいい。

 

ホームセンターで買ってきた安いパーツクリーナーが水のように感じる。

 

流石は専用品である。

 

お次はコーティング材、これもなかなかいい。

 

特にCCT-002のアクアシャインシルク。

 

同封してあったチラシによると、カーワックスなのだそうで、自転車がぴかぴかに。

 

というと表現に乏しいが、喩えるならショップの照明に照らされて輝いていた新品のあの感じ。

 

しかも50キロほど林道を乗って、さんざん水を頭から被っていたにもかかわらず、帰宅してもその輝きが持続している。

 

オイルもエーゼットさんの最上級の代物だそうで、これがなくなるのは自転車だけだと10年くらいかかりそうです(エーゼットさんごめんなさい)。

 

でもでも、他に二種類、グレードが違うオイルを使っているので、もう500キロほど走ったら比較できるかも。(もちろんエーゼットさんの商品よ)

 

バイクの人はすぐになくなるかもしれないけれど、試供品という位置づけだし、一回だけでも使ってみてはいかがでしょうか?

気付いたら製品版をリピートしてるかも。

花粉症でした。からの、乗鞍スカイラインヒルクライムへのエントリー。

ええ、花粉症です。

 

ヒノキ花粉だったそうで、当分の間は安静にしていました。

 

で、四月は400キロほどしか走っていません。

 

主にロング練で終了。

 

でもまあ、なんとかコンディション(と言えるほどのモノでもないのですが)も元に戻り、身体は着々と出来ている最中なわけで。

 

ただ、いままでは具体的な目標もないままに来てしまい、ちょっとだけ空回り状態だったのも事実。

 

そこで、身近なレースを調べてみたところ、「長良川クリテリウム」「キナンAACA」「平田クリテリウム」なるワードが浮上してきました。

 

しかし、初レースでいきなりクリテリウムはちとしんどそう。というか出走までの具体的な手順や準備に関する知識が不足しすぎていて不安。

 

そこで、ヒルクライムとなったわけです。

 

一番近いのは「乗鞍スカイラインヒルクライム」でしたので、これにエントリーしました。

 

残念ながら、長野県側から登るレースは募集締め切り済み。

 

人気なんですねぇ...………。

 

平均勾配は7.2%

全長18.4キロメートル。

 

試しに近所の坂で練習を試みましたが、時速10キロがせいぜい。

せめて時速15キロ前後で登らなければ、1時間30分を切るのは難しそう。

 

ヒルクライムは避けてきた道。しかも初レースということで、私の重量8キロバイクでどこまでやれるか、試してみたいと思います。

 

まずは、エンジンである身体の減量からでしょうな〜。

 

 

ハリボー ハリボックス ベア 200g

ハリボー ハリボックス ベア 200g

 
ハリボー ハリボックス コーラ 200g

ハリボー ハリボックス コーラ 200g

 
ハリボー ミニゴールドベアー 250g

ハリボー ミニゴールドベアー 250g

 
ケニーズキャンディ ドクターペッパーグミ

ケニーズキャンディ ドクターペッパーグミ

 

 ハードな練習の後は、グミ。

 

しんどさが、ぐっと緩和される気がして、つらいときは食べてます。