溶けないプロテイン溶液の解決方法。

夏なので、冷たい方が美味しかろうと思って小さめキューブアイスを一緒に入れてシェイクしたところ、とてもいい溶け具合に。

 

ええ!

 

タバタ、続けてます!

 

 キツイ!

 

タバタを開始。

乗鞍で見えてきた今後の課題。

 

  • 心肺機能が低すぎる。
  • 高強度、高ケイデンスの維持時間が短い。
  • ペダリングの見直し。
  • ポジション見直しと、使える筋肉を増やす。

 

まあ、自転車に乗る上で必要なこと、すべて、ですね。

 

ということで、まずタバタ式トレーニングを開始。

 

予算の都合上、教本を取り寄せるのはもう少しあとになりそう。 

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

 

 そうそう、これ。

ただ、もう少ししたら最新のモノが出そうな気がしなくもない。

 

とにかく最近はローラーでのタバタ、ペダリングの見直しを行っております。

 

心拍数160が厳しいとか、最大心拍数が低い、とか。

 

貧脚なのは結局、心肺機能が低いことに由来しているということが露呈してしまった乗鞍。

 

とにかく、「220BPM−年齢」が維持できるようになるまで、続けようと思います。

 

 

 

で、今日、ネリッシモでいつものコースを走ってみたところ、坂での速度が落ちていないような気が...…。

 

多分これ、インナーが39T→36Tになったことが大きいと思います。

 

乗鞍はネリッシモで行けば良かったかな……。

いや、重いしな……。

せめてアルテグラに変えたらいけるのだが……

 

などと最近は妄想しております。

来年はもう少し試走して挑めたらなと思います。

あとは、クリテリウムなどのレースも参加していきたいなぁ……。

 

当面はインターバルトレーニングをやっていきます!

 

A&D 防水インターバルタイマー AD-5709TL

A&D 防水インターバルタイマー AD-5709TL

 

 

 

 

乗鞍スカイラインヒルクライム2017

土曜日。

 

クソクソに暑い飛騨高山市

 

自走で来ている人を何人か追い抜いて、私は車で受付に乗り込んだ。

 

12時からの受付だったが、5分ほど早く受け付け開始のアナウンスがあったので、いそいそと昼食を中断して車から出た。

 

選手の皆さんは、まだそこまで多くない。

 

参加賞と計測チップ、Tシャツなどを受け取って、岐阜大学生のアンケートに協力し、ピンバッチガチャ(200円)を回し、VAAMの補給食(200円)を買い、ゴキソやその他のテントを見て、牛肉(600円)はまだ焼けてないのな、と確認して車に戻った。

 

さーて、ホテルにチェックインしとくかなと車を出そうとすると、駐車場入り口で不幸にも事故っている。

 

スポーツカーに軽自動車が突っ込んだ形で、両方とも大破している。

 

レース前なのに。

 

それを横目で見つつ、出ようとすると駐車場へ誘導する役目のスタッフさんが腕を振ってくれる。

 

が、坂の上からは車が猛スピードで下り降りてくる。

 

というかスタッフのおじさん、役に立ってない。

 

むしろ危ない。居ない方がいい。

 

事故車をよけて行かなくてはならないから、反対車線へ出ないといけない。

 

おじさんの振る、誘導棒を見てたら二次災害でこちらもやられる。

 

事故の原因は分からないが、案外、誘導の仕方がまずかったのでは?と感じずにはいられなかった。

 

と、まあ、レース前日はそんな感じでホテルに着。

 

長時間ドライブの疲れと暑さから夕方まで休憩。

 

その後、ホテル周辺を走り回る。

 

が、高山は坂しかないのか?  と感じるほど、道が違う。

 

ここに住んでいる人は練習する道には困らないだろうな、という道が続く。

 

いや、普段と違う道だから高揚しているだけだろうか。

 

とにかく楽しい。

 

夜。興奮してあまり寝られず。

 

日曜日。

 

四時半起き。

 

五時にホテルをチェックアウト。

 

五時半にほおのき平駐車場に到着するも、すでにほぼ埋まっている。

 

選手の皆さんがローラー台でアップしているところを、なんとかよけてもらって、一台停めることが出来た。

 

さすがにチームで来ている人は強そう。勝手が分かっているのだろうし、仲間と一緒なら心強いだろうな、となぜか緊張感が高まる。ユーチューブで見たことある人もいるし...………。

 

心配だったので、すぐにスタート会場に自走で向かう。

 

バスもあったのだが、自走で向かう人がいたので付いていく。

 

荷物を預け、もう一回駐車場に戻って、一往復。

 

アップのつもりだったが、心拍数上がりすぎてて苦しいだけ。

 

こんなんで大丈夫か?

 

それに時間が余りすぎている。

 

もっと走ってもいいのだけれど、勝手が分からないのでじっとしていた。

 

で、年代別にスタート。

 

レース中。

 

とにかく心拍が落ち着かない。

 

緊張しすぎ。

 

序盤、10%の勾配に差し掛かって、時速10キロでいいやと思っていると、どんどん追い越される。

 

後にスタートした40代以上のおじさま方だ。

 

やはり40、50代の方は身体が出来てらっしゃる。自転車もかっこいい。

 

そうこうしているうちに8キロ地点。

 

ずっと心拍が170を超えていたので160まで落とす。

 

景色は良くなってきたが、後から抜かれるときに落車する/させると迷惑だろうなと考え、後を振り向きつつ登る。

 

12キロ地点。

 

かなり腰が痛い。それに伴って踏めなくなっている。

 

インナー39Tは、ダンシングするにはリズムがちょうどいいが、勾配がきついと回せなくなってくるので厳しい。

 

次回はネリッシモで挑もうかと考え始める。

 

いや、インナーだけコンパクトにしたらいいのか?

 

とにかく心拍数だけは上がらないように登る。

 

16キロ地点。

 

かなり景色が変わってきている。

 

f:id:yukijimo:20170711195412j:plain

f:id:yukijimo:20170711195358j:plain

 

背の高い木が少なくなってきている。

 

あいかわらず後からはゼエゼエ言いながら登ってくる人がいる。

 

特に考えることもなくなってきて、ハムストリングが攣らないように、筋肉と心肺が限界を向かえないようにと、それだけ考えて登る。

 

辛い。

 

雪が残る場所。

 

18キロ地点だろうか。

 

山は岩肌で、酸素が薄く感じる。

 

やっとわずかな下り。下りでは踏めるんだな、とか思ったのもつかの間、すぐ登り再開で撃沈。

 

時速8キロくらいしか出ない。

 

ゴールが見える。

 

スパートしたい。しているつもり。

 

でも腰が痛い。

 

うぐぐ。

 

ゴール。

 

f:id:yukijimo:20170711195349j:plain

ゴール後。

なんか、こう、得も言われぬ達成感で号泣しそうになる。

 

多分、酸素が薄いせい。

f:id:yukijimo:20170711195308j:plain

ダイドー協賛のドリンクを受け取って、写真撮影。

f:id:yukijimo:20170711195258j:plain

気圧が低いので袋がパンパンですね。

f:id:yukijimo:20170711195330j:plain

フレームが重い、ぽっちゃりバイク。

f:id:yukijimo:20170711195339j:plain

残る雪。

f:id:yukijimo:20170711195319j:plain

岩肌。

 

予想以上に汗が引いてきて寒い。

 

そそくさと下山グループに加わり、ほぼずっとブレーキング状態で下山。

 

下山する頃にはもう、悔しさでいっぱいだった。

 

リザルト。

 

1時間27分。

 

目標の1時間30分はなんとか切っていたが、これはレースなんだと考えると、違う気付きが多い大会だった。

 

それはまた次回ということで。

 

まだ疲れが抜けていませんぬ。

 

忙しさと暑さのせいでしょう。

 

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

 

 

練習用としては勿体ないくらいのホイールです。

せめてキシリウムエリートのインプレでもしておこうかと思います。

f:id:yukijimo:20170620153916j:plain

昨日はローラー台固定自転車ネリッシモにて90分ほど回していました。

 

今日はお休みだったので、久しぶりにちょっとした坂を上りに行き、エリートとSLRの違いを実感しました。

 

もっとも感じたのは下りでの安定感

 

SLRが23Cに対して、エリートが25C。

 

どちらもMAVIC・イプシロンタイヤ(買ったときのまま)です。

 

ブレーキ性能はSLRに分があると思いますが、攻めた下りをしようと思ったらエリートの方がコントローラブル。

 

というか、通常のアルミリムに慣れているせいか、狙ったラインを走ることが出来る。

 

よく自転車を倒せる、という表現を使うが、

 

ダウンヒルの大会なんてのがあったら、エリートを履いて行きたい。

 

登りに関しては、どちらも大差ないように感じますが、SLRの方が軽いので、速く走ろうと思ったらSLR、なんでしょうな〜。

 

 

 

家を出て、いつもの感覚で走っていると、どうも軽いなと感じる。

 

追い風か?

 

いや、いつものレーシング5とは違う、今日はキシリウムを履いてきたんだった。

 

SLRほどお尻への当たりは優しくないけれど、25Cだからか、嫌な感じはしない。

 

オルカフレームは優しいけれど、振動が重なって大きくなる感覚がある。

 

だからキシリウムのようなスポークテンションの高いホイールが合うのかもしれない。

 

でも、さすがに軽いホイールだけあって、ロードバイク感はとてもある。

 

友人が練習用にしているゾンダがとても羨ましく、勿体ないのでは?と思っていたが、これで張り合うことが出来るようになったのかも。

 

それに、この軽さならオルカでも許せると感じる。

 

いつも600グラムほどのツールケースをボトルケージに差しているが、それでも軽い。

 

重たかったのはホイールとタイヤだったのかもしれない。

 

 

 

などと考えつつ、85キロほどで今日のサイクリング終了。

 

今日は暑すぎた。

 

と、思っていた矢先。

 

5分ほどで登れる斜度8%くらいの坂で、両足のハムストリングが攣る…………。

 

斜度がきつくなったところで脚に水をかけたところ、びっくりしたのか久々の足つき。

 

5分ほどで治まりましたが、身体が鈍っているのか、それとも汗をかきすぎたのか。

 

どちらにしても、今度の乗鞍、不安しかない。

 

ドロヘドロ 22 (BIC COMICS IKKI)

ドロヘドロ 22 (BIC COMICS IKKI)

 

 

病院の椅子で寝るという経験

ごぶさたでした。

 

23日から妻が腹痛を訴え、3つほど病院をたらい回しになった挙げ句、帰宅。

 

しかし痛みは引かず、その深夜、結局、救急車で搬送する運びとなりました。

 

まだ妻は回復していません。

 

家事も出来ないので私が代わりに。

 

有給も1日使いまして、なんの練習も出来ていない状況。

 

一応、乗鞍のための自転車車検は行ってきましたが、レースというより、純粋にヒルクライムを楽しむ大会になりそうです。

 

レース機材としては、アルテで組んだオルベアで行きます。

 

妻の分もホテルを予約していましたが、望み薄。

 

貴重な荷物係が...…。

 

うーん、人生は下り坂もあるのね。

 

 

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ5045

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ5045

 

「スムージーが飲みたい」

 

とのことで、流動食がお腹にもいいみたいなので買ってあげました。

 

スムージーにすると、野菜の吸収率が違うらしいですわよ、奥さん。

 

主に私が作ることになりそうですが。

 

これは氷も砕けるらしいので、暑くなってきたら氷たっぷりのモヒートでも作ろうかと思います。

本当にあった自転車ショップの怖い話・初心者編と、オススメのフレームたち

ホイールを買った店に持ち込んだら「修理不可能だ」と言われた、

 

という方は意外と多いのではないだろうか。

 

某ブログでは「直せもしないモノを売るな」などと同業者のよしみでアドバイスされていたりもしますが、幸い自分はまだそんな目にはあったことはありません。

 

ショップでホイールを買ったことがない者が石を投げるなと揶揄されそうですが、嫌な思いならいくつか経験があります。

 

初心者ならではの落とし穴

初心者は無知である。

だが一通り調べ尽くしてショップに来ているというのは、必要ではあると思う。

問題は、ロードバイクを買うのに必要な予算だ

「25万までなら」という予算ならば、25万のロードを勧めて貰いたいところ。

105だろうが、ティアグラだろうが、コンポーネントは問わない。

 

もっと言えば、完成車ではなく、フレーム選びから店員さんには付き合って貰いたいところ。

吊しの完成車を勧めるのは限られた予算内に収まるような配慮なのかもしれないが、むしろ、予算オーバーなところから交渉を進めても構わないと私は思う。

 

ご提案をして貰いたい

 

105が幾らで、アルテグラが幾らで何グラムか、なんていうのはとっくに調べが付いている。

あとは、そのショップがお客に対してどこまで出来るのか、手の内を明かしてもらいたい

選択肢は多い方がいい。

後々の後悔が少なくて済む。

定価であろうとかまわない。

そのお客の目的が何で、どんな使われ方をするのか。乗る頻度は、本気度はどのくらいか、そこまで見極めた上で、ぴったりなフレームを勧めてもらいたいのである。

 

だから、「モデルチェンジしますよ」

のひとことがあれば、私はこげに後悔せんでもよかったんじゃあああ!

 

 

  • どっちのペダルにする?

オルカに装備されているのは105のペダル。

カーボンじゃない。

金属製の方だ。

ネリッシモに取り付けた105のカーボンペダルに比べると、どこがどうかとは言いがたいが、とにかく回転はくるっくるに軽い。

というのも使い込んだせいだ。

カーボン製の方もいずれはそうなる。

むしろ、今となっては金属ペダルの方が踏みやすい。

ただ、重いことを除けば、であるが……

 

今思えば、ペダルを選ぶ際、軽いことを優先すると伝えていなかったのがいけなかった。

無条件で金属製の105が装着されていたのは店側が(在庫の)105で揃えたかったからなのか…………

 

  • 「ブレーキパッドが逆になってますよ!(怒)」

「購入後、一ヶ月経ったら点検しますので持ってきて下さい」

と言われ、初心者の私は律儀に言いつけを守った。

で、言われたのが上に挙げた言葉だ。

「パッドに石が挟まったので、一度だけ取り外したことはありますが……」

「じゃあ、それが原因ですね。今回だけは無料ですからね(怒)」

 

(なぜに怒られにゃあならんのじゃあ……

しかもパッドは1つずつ取って作業したから元通りのはず。

間違えていたとしたら最初からなのでは?)

 

 

それで終われば良かった。

 

 

悶々としながら帰宅後、再調整されたブレーキを見てみると……

 

「んー、どう見ても逆ですね」

 

素人が見て異変に気付く。

ブレーキを掛けると、パッドがすっ飛んでいく方向に付いている。

こればかりは流石に不安になって、雑誌やメンテナンス本を参照して、本当に間違っているかどうか確かめた。

 

やっぱり逆だった。

 

わざわざ片道二時間かけてショップに脚を運んだ結果がこれじゃあ、ね。

わざわざ危険な方向に付けて貰うために1日を無駄にしたってのかい?

しかもブレーキですぜ、奥さん。

 

まじかと思いつつ、自分でパッドの左右を変更。

そーよね−、店の中じゃあ、ホイールの回転方向もよく分かんないよねー、と呟く。

店に電話しようかとも思ったが、証明出来るものもないし、わざわざ教えてあげるのもどうかと思い、やめとく。

 

  • 初期整備はやっているの?

これも一ヶ月点検のときに言われたのですが、後輪のクイックが左右逆に付いていた

 

オルカはもともと吊しで売られていて、コンポも組まれ、ワイヤーも通してあり、走れるばかりの状態でした。

 

少し初期整備があるから、と言われ(多分、コーティング剤塗布と磨き上げのため)、納車は後日になったのですが、

 

ダウンチューブに塗装剥がれがあり、

「ひょっとして、試乗車だったから掃除が必要、とか?」

 

と疑っていました。

変だなと思いつつも、クイックが逆に付いているなんて、初心者には分からない。

一ヶ月もそのままだったのも、自分としてはどうかと思うのだが、納車時に気付かない店員もよっぽどだなと思う。

 

納車時と点検時は、違う店員さんです、念のため。

 

以来、オルカを買った店で、何か買うと言うことはない。

というか遠すぎて行く気になれない。

なぜそこで買ったのか、当時の自分に聞いたら、きっとこう言われることでしょう。

 

「初心者だもの」

 

と。

 

他にもお店は2つほど知っていました。

今ではもっと多くのお店が出来ています。

当時は、一刻も早く練習を始めたい一心でした。

しかも予算もそこまで高くない。

 

じゃあ、あんたが悪いよ、と今の私なら言うでしょう。

もっと高い自転車にしとき、とも。

せめてアルテグラにしとき、とも言うでしょう。

 

さあ、これが反面教師でっせ、皆さん。

ロードバイクを買おうと考えている、ロードに乗ったこともない、周りに乗っている人もいない初心者の皆さん。

 

悪いことは言わない。

 

 

30万は用意しましょう。

 

 

 

 

 

 

以下はオススメのフレームです。

これにアルテグラで組んでくれ、とショップに言えば大丈夫です。

 

KOGA

コガさんのフレームは、いま一番気になっているフレームです。

カーボンでもアルミでもいいです。すべてがオススメ。

理由は剛性が高そう。そして軽いこと、です。

2017BIKES / 2017年モデル一覧 / KOGA / ジオライドジャパン / オランダを代表するバイシクルブランド コガ 日本オフィシャルサイト

 

 

 

ニールプライド

BURAとNAZARE、どちらもオススメです。

あえて、SLをはずして買う、というのも練習使いにはもってこいだと思います。

本気の一台を求めているのなら、SLを買うべし。

NEILPRYDE ニールプライドバイク ジャパン / GEORIDE JAPAN

 

 

 

スペシャライズド

アレーっすわ。

www.specialized-onlinestore.jp

10万円台で買えるアルミの一台。

ネリッシモを買わなかったら、こちらを買っていたかも。

ちょっと気になる一台。

 

 

 

 

FUJI

アメリカのブランドです。

アルミがいい感じ。

でも実家にフジのロードバイク(錆錆のやつ)があり、クロモリでしたが、なかなか良かった。

 

アルミのルーベも、持った感じオルカより軽かった気が…………

www.fujibikes.jp

セカンドバイクとしては、クロモリロードを買っておくのがいいかと思います。

後々まで乗れますし、なにより重く、練習向き。

頑丈で、シナリのある乗り味は、ハマる人にはハマるでしょう。

 

フレームについては以上です。

みなさん、早く乗りたいからって、焦っては駄目です。

ちゃんと下調べしてから買いましょう。

もちろん、オルカは駄目なフレームではないですよ。

提示された選択肢が、あまりにも少なかった、というだけでして、ええ…………

 

 

ネリッシモの重量とインプレ・105(5700)とアルテ(6800)の違い

 

デダチャイ・ストラーダ『ネリッシモ』

 

コンポ・105(5700)10速のやつ

ホイール・フルクラムレーシング5(多分1750グラムくらい)

タイヤ前・コンチネンタルグランプリ4000SⅡ

タイヤ後・コンチネンタルグランプリ フォーシーズンズ

空気圧・前後とも7bar

 

ペダル・シマノ105(カーボンのやつ)

 

ハンドル、シートポストはカーボン製

ステムはアルミ製。

 

重量8,2キロ

(ボトルケージ2個、リアライト、サイコン、ベル、含む)

 

f:id:yukijimo:20170620153941j:plain

ネリッシモの 現在のすがた。

 

オルベアオルカが、8キロちょうどくらいなので、重いっちゃあ重いです。

 

いま、70キロほど乗って来たので、なんとなくのインプレを書こうかと思います。

 

ネリッシモのインプレ

一番上に書いたものの状態で乗って来ました。

まず、チェーンリングがDOVALの52Tということもあり回しやすいので、純粋にフレームの評価が出来るよう心がけたい。

 

前に東レのハイモジュラスカーボンではないと書きましたが、どうやら東レであっていたようです。

そのせいか、乗り心地はとてもよい。

 

オルカが☆2つなら、ネリッシモは☆3つ、

とかそんなレベルでしかないが、大きく落ちたときの衝撃は雲散霧消とまでは言えないにしろ、オルカよりはいいです。(TIMEなら☆5つあげても良い)

 

ニールプライドのBURAで感じた「モッ、モッ、モッ」という角が取れた振動に似てなくもない。(そこまで上品でもなかった)

 

シートポストからハンドル中心までの距離がオルカよりも10㎜ほど長いこともあり、帰宅後にオルカに乗ったところ、

「ハンドル近くて乗り易っっっ!!!」

と感じました。(ジュース買いに行っただけですが、そう感じた)

f:id:yukijimo:20170620154301j:plain

オルカの現在のすがた。

 

そこで、地面からハンドルまでの距離を測ってみたところ、どうやらオルカの方が低く、ネリッシモの方が高いことが分かりました。

なので、この乗りにくさは馴れていないことと、ステムが110㎜であることが大きい。

 

試しに110㎜を付けてみた結果、セカンドバイクとしてオモチャ感覚でまったり乗るなら、ちょうど良いセッティングになっている。(なってしまっている)

 

乗り込んでいくと、これがちょうど良くなるのかもしれないが、レースなら10㎜の方がいいかもしれない。

 

ただ、巡航の速度域はさほど変わっていないし、振動吸収性、反応の良さはオルカよりも上なので、さらなる軽量化を施せば、なかなか走れる奴に化けるかもしれない。

 

で、

ここからが悩ましいコンポーネントの問題なんですが、

オルカには6800(11速)別で買った。

ネリッシモには5700(10速)オルカから移植した。

が、それぞれ装備されているのですが、5700のこの乗り味

しばらく忘れていました。

 

6800は、変速機レバーの付け根をクリックすると、簡単に決まる。

まるでCDプレイヤー。

(Di2なら、MP3といったところでしょうか)

軽い力で変速するのに、旧105ときたら…………。

 

 5700はまるでベータサイズのビデオテープですね。

左手の変速が重たい。

右手の変速も、ガッチャンと一呼吸置いてから変速する。

付け根で変速させようとすると、なかなかムズカシイものがある。

 

しかし、105しか知らなければ問題はありません。

前はこれしかなかったので、これが普通なんだと思っていました。

 

変速機能についても、ちょと一言あります。

11速はスプロケの間隔、一枚一枚が狭くてスピーディー、

なのに対して、10速は間隔が広いからか、少しでもワイヤーが伸びてくると、なかなか変速してくれなかったりと、トラブルも多く、ストレスフルだった、というのを思い出しました。

 

幸いなことに、もう5700は販売していません。

5800へとモデルチェンジ!11速化を果たしました!

 

モデルチェンジ前だからと、何も知らない初心者に5700搭載のオルカを「格安でっせ」と言って売りつけるクソなショップに掴まされた私が悪いのです。

おかげで5700からグレードアップしたときに、ホイールとスプロケの互換性がなくなり、ちょっと悔しい思いをしている。(今も)

 

 

f:id:yukijimo:20170620153930j:plain

 *1

 

オルカのショップの話は後で書くとして、

妻の自転車が新型ティアグラ(10速・4アーム)なんですよね。

これ、個人的には5700よりも好きです。

かっちり感は5700と同等なんですが、変速に必要な力はより軽く、特にフロントの変速時にそれは感じます。

なにより105シリーズより安い。

中学生くらいまでならこれで充分ちゃうの?と思います。

 

なので、自分でお金を稼いでいる人は、出せる限界まで出して高級コンポ(特にアルテグラ以上)を買うのが正解なのではと思います。

(アルバイトしている高校生含む)

 

私のようにセカンドバイクはグレードが下がる、なんていうよく分からない状態になるのは避けた方がいいですから…………

f:id:yukijimo:20170620153916j:plain

10速コンポにホイールを取られてしまい、11速用にまたホイールを買わなければいけない、なんていうこともしなくていいはずですよね。

 

このキシエリさんのお話も、また今度ということで。

 

f:id:yukijimo:20170620153951j:plain

*2

 

 

 ネリッシモは25Cに変えてあげてもいいかもしれない。

 

 

 

 

 

 

初めてのショップがクソだった理由も…………次回ということで。

 

 

 

*1:重量にイギー先輩は含みません

*2:う、浮いている……