防水性能の高いシューズカバー

びっくりした。

 

昨年の走行距離と比べて、倍、とまでは行かないにしても、毎月の総走行距離がコンスタントに前年比を上回っている。(当社比180%くらい)

 

昨年は全然乗れてなかったんだな〜、と改めて感じると共に、いきなり毎月3000キロは無理でしょ。という結論に行き着いた。

 

そりゃそうだ。何にでも段階がある。

 

いきなり世界最強になるわけじゃない。

 

段階を踏んで、徐々に速くなっていく。

 

自分で実感できていなかっただけなんだろう。

 

モチベーションが維持できないときもあったし、乗りたくない、他のことしたい、というときもあった。

 

でも今は、それを維持する方法を少しだけ知った。

 

レースに出たり、イベントに参加したり、友人と共に出掛けたり。

 

あとは新しい小物、ウェア、なんてのも効果ある。

 

いまのところ一番はフレーム購入で、二番がツアーオブジャパン観戦なんだけど、効果は1〜2ヶ月程度持てばいいといったところ。

 

パワーメーターがないので数字での管理はしていないから、手持ちの装備で、なんとか数字管理をしていきたいと思っている。

 

幸い、ミノウラのローラー台のワット数換算がドンピシャでパワーメーターと一致するという記事もあり、速度や心拍数の他にワット管理も出来なくはなさそうだ。

 

というわけで、今週の物欲のコーナー。

f:id:yukijimo:20171123184434j:plain

今回は「シマノS3100R」をレビューします。

 

冬になると、どうしても末端が冷えて仕方がない私は、厳冬期用のグローブに、シューズカバーは必須なのですが、最近どうも雨が多い。

 

f:id:yukijimo:20171123184529j:plain

今まで使っていたパールイズミのこれも暖かくていいのだが、雨となるとどうしても靴下までグズグズになってしまう。

 

そんな中、雨用のシューズカバーを探していてたどり着きました。

 

ヴェロトーゼなんかいいかな、なんて思っていましたが、破れる心配があるそうなので、今回は見送り。

防水性能で言えば、足首までぴったりカバーしている分、ヴェロトーゼの方が上なのかもしれません。

 

ヴェロトーゼ トール・シューズカバー ブラック M(40.5-42.5)
 

 

外観はこんな感じ。

f:id:yukijimo:20171123184440j:plain

 

 

 

 

汚れているのは、乗りながら食べたポテト入りフランスパンから落ちたマヨネーズのせい。ウエットテッシュでさっと拭くか、洗濯機にぶち込めばOK。

f:id:yukijimo:20171123184449j:plain

足裏。

 

のびーる素材。

 

耐久性はかなり高そう。

 

だが、

f:id:yukijimo:20171123184457j:plain

ボアクロージャーに引っかかる……

 

 

 

f:id:yukijimo:20171123184503j:plain

クリートのかなり近い位置まで包んでくれる。

 

クリートキャッチに問題はない。

 

歩行時、カバー無しの時と同様に自然に歩ける。

f:id:yukijimo:20171123184509j:plain

f:id:yukijimo:20171123184512j:plain

後ろ。

 

足が太いのか、ジッパーが上まで締まらない。

 

 

f:id:yukijimo:20171123184517j:plain

タイツだともっとキツイが、面ファスナーのおかげで雨の侵入はある程度防げそう。

 

というか、防げる。

 

防寒具としての性能もパールイズミのものと同等で、風を通さないおかげで、靴が少し蒸れる。

 

個人的にはシマノS3100Rの方が好みだ。

 

脱着は手間だが、シューズにぴったりとフィットし、見た目もいい。

 

なにより、足裏からの浸水がないのがいい。

 

(いや、パールイズミも良い製品だし、なにより防水性がある製品ではないので、一概に比較は出来ない。ただ、雨の日だと靴までずぶ濡れにはなる。

 

対して、シマノS3100Rは、全く濡れていなかった。シューズが雨で汚れないのは有り難い)

 

 

f:id:yukijimo:20171123184529j:plain

f:id:yukijimo:20171123184534j:plain

うらもバックリ開いている。

 

風が入ってくるので、シューズの底にアルミホイルを敷いていましたっけ。

f:id:yukijimo:20171123184541j:plain

f:id:yukijimo:20171123184544j:plain

パールイズミの外観。

 

まぁ、5年ほど使用して、未だ壊れていないのでシューズカバーとしては良い選択だったと思う。

 

しかし、やはり冬は雨が多くなるので、雨の日も練習行ったるんじゃ、という強者のみなさんには、防水性能の高い、S3100Rをオススメしたい……。

 

ちょっと高価な物だけれど、見た目、防水性能、防寒性能の三拍子揃っていますので。

 

あ、ちなみにですが、シューズはDMTの42サイズに対して、40〜42サイズのもの(Mサイズ)を購入しましたよ。 

 

ケトプロテインのお味。

無事、結願したようです。

 

88カ所、全部巡って、一番札所にお礼参りに行ったそうです。

 

妻の話で恐縮です。

 

もうそろそろ帰ってくるかと思います。

 

やはり、家に帰るとご飯が出来ていたり、洗濯をしてくれる人がいるというのは有り難い事なんだなぁ、と改めて感じます。

 

と同時に、衣類乾燥機を購入して本当に良かったと思いました。

 

雨の日のライドでも、その日のうちにウェアが乾く。

 

次の日にも使える。

 

干す時間と取り込む時間が「皆無」になり、家事の時間が大幅に削減されます。

 

電気代と、購入費でフルデュラ、パワーメーターなどという大きな夢は(若干)遠のいてしまいましたが…………

f:id:yukijimo:20171117222453j:plain

さて、今回はチョイスの、ケトプロテインのレビュー。

 

ケトプロテインって何なの?

何なんでしょうねぇ。

 

ただのプロテインではないことは確かなようです。

 

ソイレント…………みたいな使い方をすればいいんでしょうかね。

f:id:yukijimo:20171117222514j:plainケトプロテインさんの中身。

 

カロリーが高く、脂質もある。

 

炭水化物も入ってる。

 

 

で、肝心の味は?

 

ええと、端的に申しますと、

 

「ミロ」です。

 

ミロ、ご存じですか?

 

これです。

原材料の最初に、 「混合麦芽エキス」とあるので、ミロには麦芽由来のものが入っているようです。

 

で、これが「コク」の素になっていると思うのですが、ケトプロテインにも同じようなものが入っている。

 

それが「チアシード粉末」。

 

これが奇妙な歯ごたえというか、プチプチという食感を与えている。

 

これがミロっぽさの正体ではないかと思う。

 

購入したのはダブルココア(超甘いぞ!)

ココナッツ&ココアもあったのだが、後発商品であるこちらを選んだ。

 

分量通りスプーン三杯を低脂肪牛乳で割ってみたが、半分は水で良かったかもと感じるほど甘い。

 

ココア味のプロテインにあったようなステビアの後味はほぼ無くなっていて、甘党も大満足だ!

 

チョイスのサイトにも書かれているのだが、他にも「乳酸菌」がいっぱい入っているらしい。

 

お腹にもやさしそう。

 

ひとつ注意点をば

朝七時、甘いのが大好きな私は、またしても低脂肪牛乳でシェイクし、会社に持ち込んだ。

 

午後三時、おやつ代わりに小腹を満たそうと思い飲んでみたところ、粉末のチアシードが水分を吸ってぷるぷる状態に変化。

 

ぷるぷるが苦手の人には思わぬ誤算になることだろう。

 

私も少し飲みにくかった。水分を吸われた分だけ甘くなっていた気もする。

 

やはり水も足した方がよさそうだ。

 

ダイエットとウェイトアップという相反する目的のために

ダイエット中の人には、一食の代わりになると思う。

 

もちろん、他にフルーツやサラダなどでビタミンを補う必要はあるが、シェイクするだけなら、炊事の面倒からは解放されるのではないだろうか。

 

反対に、ウエイトアップしたい人にもお勧めだ。

 

お腹が空いたら、飲めばいい。

 

トレーニングの合間にバナナを食べ、プロテインを飲むくらいなら、いっそケトプロテイン一本で済むのではないだろうか。

 

(脂肪が要らない、という人にはちょっとオススメできないが…………)

 

ガチなトレーニングに勤しんでいる訳ではない私にとっては、おやつ代わりになる。

 

あんパンを囓っているよりは、よほどいいだろう。

 

足りないプロテインもとれるし、プロテインだけ飲むよりは腹持ちも良いからだ。

 

ケトプロテイン 1350g KetoPROTEIN ケトジェニックプロテイン

ケトプロテイン 1350g KetoPROTEIN ケトジェニックプロテイン

 
ケトプロテイン ダブルココア 1350g KetoPROTEIN ケトジェニックプロテイン

ケトプロテイン ダブルココア 1350g KetoPROTEIN ケトジェニックプロテイン

 
ケトプロテイン 抹茶 1350g KetoPROTEIN ケトジェニックプロテイン

ケトプロテイン 抹茶 1350g KetoPROTEIN ケトジェニックプロテイン

 

 なんやねーん。

抹茶味が出てるやないかーい。

甘すぎなくて良さそう。(じゅるり)

風邪の時はグルタミン服用。

体調が良いので今日も更新。

 

前回の千賀サイクルさん主催のサイクルパーティーですが、リザルトが出ました。

 

一周3キロメートルの平坦を何周できたのか。

f:id:yukijimo:20171115213821j:plain

答え。

 

「29周」

 

はい。

 

平均時速で言うと、33キロだったそうです。

 

(まあ、これでも上位の方なので許して…………)

 

手元のサイコンより遅くなっているのは、計測開始ラインを踏む前に全開ダッシュしすぎたせいなのでしょうか。

 

三時間ちょうどで28周目を踏み、「もう一周行っていいよ」というスタッフさんの声に、「マジかよ」という声が漏れてしまった。

 

きつかった。

 

あと5キロ、平均時速がアップしたら。

 

新しい世界が開けるんだろうなぁ…………。

 

 

というわけで、こちらの品。

 粉です。

 

 こちらのオブラートを同時購入して飲み込んでいますが、

国光オブラート 丸型特大 200枚入

国光オブラート 丸型特大 200枚入

 

 大判のくせに小さめなので、スプーン八分目以下の粉を二・三回に分けて飲んでいます。

 

グルタミンのレビュー

風邪を引いて、色々調べていると

「グルタミンを飲んでいれば、それ以上、風邪の症状が悪くならない」

という記述を、ボディビル系ブログの中に見つけました。

 

以前より気にはなっていたサプリメント

 

色々ありますよね。

 

HMB (エイチエムビー) 240カプセル

MVM+ (エムヴイエムプラス) 360カプセル

CITRULLINE+ARGININE (シトルリン+アルギニン) 360カプセル

 

こんなのや、

L-カルニチン 90カプセル L-CARNITINE

BCAA+ (ビーシーエーエープラス) 450カプセル

 

こんなの。

MENS+ (メンズプラス ) 450カプセル

MENS+ (メンズプラス ) 450カプセル

 

どんな状況で使えばいいのか、よく分かっていません。

 

クレアチンは、なんとなーく、メリットを感じていますが、それほどスプリント練習に力を入れているわけではないので、今のところ回復薬以上の期待はしていない状況。

 

欲しいのは、ポーションではなく「エリクサー」。 

 

やはり、ここは自分なりに調べて、人体実験するしかない。

 

ということで、グルタミンを導入。

 

使ってみた感想としては…………

 

ハードトレーニング後(二時間以上のトレーニング)で、真価を発揮する。

 

って感じかな。

 

 こちらほど目覚めがいい! っていう実感は伴っていないのですが、

グリコ パワープロダクション エキストラ アミノアシッド 回復系サプリメント 78.4g(標準200粒)

グリコ パワープロダクション エキストラ アミノアシッド 回復系サプリメント 78.4g(標準200粒)

 

金のグリコ(通称、金グリ)

これとは違う、何かに作用している感じがする。

 

金グリが怠さを軽減しているとしたら、グルタミンはしんどさを軽減している、のかな?

 

最初に飲んだのは風邪の時でした。

飲んでからだいぶ身体が楽になった、というか回復への転換点となった気がします。

 

グルタミンは効果がないというブログも見ますが、グルタミンが身体にとって必要なアミノ酸であることは確かなようで、風邪だった私は藁にもすがる思いでこいつに頼ったわけであります。

 

病院行けや、っていう話ではありますが。

 

とにかく、「謎のしんどい週間〜寝込む週間」への移行を阻止することができれば良いので、練習後には必ず飲んでいこうと思います。

 

筋肉痛が軽減するのは確かです。

 

もう若くはないので、サプリメントで時間短縮して筋肉増強していきたい……

 

 

サイクルパーティー・3時間エンデューロ

長らく病床に伏しておりましたが、なんとか自転車に乗れるまで回復。

 

で、その3日後にはエンデューロイベントという無茶をやってきました。

 

会場は木曽三川公演近くの、クローズドサーキット。

 

川が近い。

f:id:yukijimo:20171115001201j:plain

天気は快晴。

 

風がチョットある。川だから、まあ、そりゃ当然ある。

 

にしても、海抜0メートルな感じがとても新鮮。

 

あまり写真撮ってないのは、メカトラがあったせいで……。

f:id:yukijimo:20171115001156j:plain

サイクルパーティー参加者の図。

 

私は旧105のネリッシモで参加したのですが、気後れするくらい、みなさん、高級車で参加してらっしゃる。

 

105なんて、私だけだったのでは? と思わずにはいられない。

 

最初っからかなり恐縮していました。

 

会場にはTREKやワコーズのテントがあり、試乗なんかもありましたが、気後れのため不参加。

というか、ワコーズさんの洗車してもらえるブースは開始前から列を成していて、あっという間に満員御礼状態に。

 

唯一、昭和区からきた日本語ペラペラおじ様の物販ブースにてインナーソールを試させていただきました。

 

膝がまっすぐに動くようになる、ということで(メーカー名を忘れました)左右で15000イェン。

 

10Wは上がるそうです。今後、考えていきます。

 

岐阜ではバイクショップ・クロサワにて取り扱いがあるそうです。

 

 

その後、

 

10時くらいから個人TTがあり、最高位の方が平均時速47キロで駆け抜けるなどして、さらに恐縮。

 

11時にはお弁当をぼっちで食べ、11時45分にはスタートしました。

 

が、

f:id:yukijimo:20171115002437j:plain

この後輪が問題でして、ラチェット起こしバネが恐らく外れて、ピスト状態になってしまいました。

 

会場着いてすぐは良かったんですがねぇ。

 

いままで散々酷使してきたツケが、なぜ今になって、と自分のメンテナンス不足を後悔。雨の中、使用したのがまずかったのか? それとも、何か衝撃が?

 

症状は、足を止めてもスプロケの回転が止まらず、チェーンが前に行こうとして勝手に変速、その際に、ゴリゴリという爆音を響かせる始末。

 

仕方ないので(バレないように)、カーブではひたすら足を回し続け、一時たりとも足を止める事ができない三時間となりました。

 

ええっと、こういう集団で平坦を走るレースは初めてだったのですが、

 

「速い人は速い」

 

「タダ乗りごっつぁんです最高説」

 

という二つの教訓を得まして、ええ。

 

最後尾でスタートして、先頭に追いつこうとするも、向かい風で撃沈。

 

前半はスタッフさんチームのトレインに便乗させてもらい、何とか感覚を掴むことにしました。(ペース配分なんて思考は全くなかった……

 

特に前半はFUJIのTRANSONICのお兄さん。

 

後半はカレラのフィブラ(綴りが分からぬ)のおじ様。

 

のおかげで、リタイヤせずに済みました。

 

前に一人いるだけで、本当に力を使わずに進めるんだなって、実感しました。

 

追い風ではスタッフさんチームから抜けて先行しようとしたりも試みましたが、結局、半周ほどで追いつかれて、またケツに付かさせていただく状態に戻るので、意味なし。

 

先頭グループには何度も周回遅れにされましたが、単騎で頑張っても追いつけず。

 

あと15メートルが遠い。

 

筋肉量の違いかな〜、などと感じました。

 

それと、前を引くときは、あまり頑張りすぎないということも大切だなと感じました。

 

後ろが付いてこられないような速度で頑張っても、お互いが消耗して終わりですからね。

 

もっと意思疎通をして、「回していこうよ!」とか「代わってくれ」や

私、引きます!」といった、サインをみんながドンドン出していければ良かったですね。

 

「こんなに引いてもらっていいの?」

 

って、ずっと思ってました。

 

ラスト1時間は、フィブラのおじ様がいてくれて本当に助かりました。

 

三時間での平均時速34.8キロが出ました。(遅すぎか)

 

一人だと地獄の苦しみだった…………。

 

まあ、落車もなく平和に終わってよかったですね。

 

手袋も当たったし。

f:id:yukijimo:20171115002421j:plain

って、ボケてるやん。

 

その後、ホイールはバラしてお掃除&バネを元の位置に戻しました。

 

次はベアリング交換かな〜、って感じのゴリ感が少しあった。

 

 

あ、そうそう。

 

終わってみれば105の変速性能なんて、特に問題ではなかったです。

 

速い遅いにコンポの違いはあまり関係なさそう。

 

駆動系ロスはもちろん大きいでしょうけれど、若い人は気にしなくていいと思います。

 

私は若くないのでね。ええ。

 

11速ホイールがネリッシモで使えないのは、今後ちょっと問題になりそうなので、また頑張ってお金貯めます。

 

デュラエース化、フルか一部か。

 

ビックプーリーってお高いんでしょう?

 

BB変えたい。

 

どのパワーメーターにする?

 

で、クランクはどうするか。

 

というところで、最近は悩んでおります。

 

すべては、金か。

 

ケトプロテイン 1350g KetoPROTEIN ケトジェニックプロテイン

ケトプロテイン 1350g KetoPROTEIN ケトジェニックプロテイン

 

これらのレビューもしないと……

 

10月の月間走行距離。

熱はないのだが、例の倦怠感が身体を覆っている。

 

耳の聞こえ方もおかしい。

 

身体を壊しました。

 

この2連休はずっと寝ていました。

 

早く良くなるといいですね、自分。 

 

ダメ元でグルタミンを買ってみた。

 

効果のほどは分からない。

 

多分、栄養不足だったのではないかと思います。

 

単純な、摂取カロリーが足りていなかった。

そういえば、会う人会う人みんなに、「やせたね」と言われていたので、危険な兆候はあったのかもしれない。

 

10月は 561.2キロ。(ローラーは含まず)

 

某セレブ系アマチュアトップレーサーのブログでは3000キロほどと書かれていたが、巡航速度が違うと、総走行距離も自ずと変わってくる。

 

体調管理もしっかりされているんだろうな。

 

毎日、何を食っているのか知りたい。

 

レースに勝つための最強ロードバイクトレーニング

レースに勝つための最強ロードバイクトレーニング

 

 

 

 

ユーチューバーに感じる嫌悪感について

こんなツイートを見つけた。

ツイートって言うか、記事ですね。

rocketnews24.com

 

ハグして、「なんで僕を嫌いなのか」聞いたら、「分からない」という回答を得たらしく、「彼に必要なのは愛」なのだそうだ。

 

 

「これは妖怪の仕業ですね」

 

という声が聞こえた気がした。

 

関係ありそうなので書いてみる。

 

YouTubeを利用している人が多いと思う。

だけど、見ているのは大概、決まった人が配信する、決まったチャンネルに落ち着いてはいないだろうか。

 

新規を開拓する気があるのか、ということではない。

 

新規を開拓する際、なにを基準に選んでいるか。

何を基準に、チャンネル登録しているか、ということが少し気になった。

 

まずは嫌悪感が先に来る。

ユーチューバーにまず感じること。

それは嫌悪感である。

 

見知らぬ他人が、レポーターのようにカメラに向かって必死に喋っている。

時に変顔や、大げさなリアクションで、視聴者の注意を引こうとするその姿は、なかなか痛々しく、見るに耐えないものとして考えていた。

 

しかし繰り返し見ているうちに、その嫌悪感が不思議と薄れていく。

 

登録者数を稼ぐには、などと考えるつもりはない。

 

人は、ひょっとしたら、誰に対しても嫌悪感を抱いているのではないか?

見慣れた顔。

普段からあいさつを交わすだけの職場の同僚、先輩、後輩。

 

そこに嫌悪感はない。

 

その人がそこに実在して、手の届くところにいるからだ。

 

しかし画面の中の他人は違う。

 

彼らは神ではなく、ただの人。他人でしかない。

 

しかも、生きている間に会うこともないであろう、『どうでもいい他人』なのだ。

 

どうでもいい他人。

 

『自分の人生に直接的に関わってこないであろう他人』

と言い換えることも出来る。

 

初対面の人には、必ず警戒心を持って接する。

古代からのDNAがそうするのか、現代の不穏な空気感がそうさせるのかは知らないが、見慣れぬ顔、他人、特に『自分の人生に直接的に関わってこないであろう他人』には、嫌悪感を強く抱くのだ。

 

あるいはそれは、隣人や近隣の住民からの騒音、初対面の相手からの視線、取引先の人の厳しい顔、高速道路で無理に割り込んでくるドライバーなど、であるかもしれない。

つまり『自分にとって不利益となる発言や行動を行う可能性のある他人』なのかもしれない。

 

おや?

 

すこし問題の根っこが見えてきたかな?

 

上の記事の場合、『白人至上主義』という考えに囚われていたのかもしれない。し、

洗脳に近いところまで、思想が変化していたのかもしれない。し、

身近に黒人の人がいなかった、接する機会がなかったのかもしれない。

 

分からないけれど、嫌い。

分からないから嫌い。

まずは嫌い。

人と接するとき、嫌い、なところから始まっていくのかもしれない。

 

いつまでも、その『嫌い』な気持ちが払拭できずに残り続けると、本人の意識に浮上し、『嫌い』だと認識、思い込んでしまう。

 

初めてやったスキーが上手くいかず、最初の一回のみで練習を諦め、「私はスキーが嫌いです」と発言していることと何ら変わりない。

 

嫌いだ、というのは自然な感情で、嫌いで居続けることは、それは普通なのだろう。

 

ただ、嫌いであり続けるというのは本人のためにならないのかもしれない。し、

本人にとっては辛く、ただの時間の無駄になっている可能性だったある。し、

嫌いになられてしまったスキーの気持ちを考えると、私まで辛い。

 

汝、ユーチューバーを愛せよ

嫌いでもいいというのは分かった。

世界は嫌悪感で出来ている。

この世界の基本方針が、嫌悪感で成り立っているというのも、お分かりいただけただろうかと思う。

 

要は、見知らぬ隣人を愛せるか、ということだ。

 

世界平和への近道は、案外こういうところにあるのかもしれない。

 

聖書

聖書

 
聖書(新共同訳 NI65ZTIエンジ) 大型ジッパー・サムインデックスつき

聖書(新共同訳 NI65ZTIエンジ) 大型ジッパー・サムインデックスつき

 

 

 

『自転車散歩inいぬやま』に参加してきました。

f:id:yukijimo:20171017212325j:plain

はいい。

 

恐れていた雨です。

 

だがレースではないので恐るるに足らず。

 

いや、個人的には雨の方がテンション上がる。

 

夏には足に水をかける手間が省けていいですし、パンクしやすいこと、自転車がドロドロになること、ブレーキシューがおっそろしい勢いで減っていくことなどを除けば、

まぁ走りやすくて好きです。あめ。

 

 

会場着いてすぐ。

f:id:yukijimo:20171017212337j:plain

山の神降臨してた。

 

 

f:id:yukijimo:20171017212335j:plain

勢い余ってもう一枚撮ってもらった。

 

 

f:id:yukijimo:20171017212341j:plain

f:id:yukijimo:20171017212343j:plain

誘ってくれたスコットのS氏もついでに。

 

すげー快く記念撮影に応じてもらって感謝しかありません。

 

私はお願いしていませんが、サインなんかも快諾して下さっていたようで、まさに神対応でございました。サイン貰う用意しておくんだった……。

 

いやぁ、なんかオーラがありすぎてあまり喋れませんでした。

 

が、

f:id:yukijimo:20171017212346j:plain

良いおしり。

 

ではなく、自転車です。

 

自転車を一瞬だけもたせてもらいました。

 

「これはそんなに軽くしていないから。だいたい7キロくらいですかねぇ」

 

なんて仰っていましたが、持った感じ、

 

「超軽い……」

 

ヨネックスのカーボネックスは元々超軽量フレームなのですが、さらにクランクも肉抜きしていたり、コンポがスラムだったりと、軽さに振ったセッティング。

ゴキソホイールはそこまで軽量という部類ではないにも関わらず、やはりこの軽量感は羨ましい……。

 

私のネリッシモとは比べものにならぬ……

 

そう、

 

例えるなら、保育園を卒業したばかりのJS1……おっと誰か来たようだ。

 

 

 

 

 

 

ふぅ。

 

 

 

そんなこんなで小雨の中スタート。

 

全長40キロのロングコース。

 

途中で、漬け物、甘酒、豆腐田楽、猪汁、鶏そぼろとゴボウの入ったパン、がエイドステーション兼チェックポイントとして設定されていました。

 

量的には大したものではありませんでしたが、地元のお祭りでオムそばとみたらし団子を大量摂取したため、補給は充分。

 

雨で身体は冷えましたが、安全にゴールできました。

f:id:yukijimo:20171017212349j:plain

ゴール間近。

f:id:yukijimo:20171017212354j:plain

スタート及びゴール地点でもある犬山城

f:id:yukijimo:20171017212403j:plain

f:id:yukijimo:20171017212400j:plain

f:id:yukijimo:20171017212357j:plain

と、その周辺。

 

本当はもう一人参加する予定でしたが、雨のためDNSを選択。

 

時速20キロの、のんびりしたサイクリングでした。

 

スタート直後こそ信号で詰まって立ち往生する場面も多かったですが、エイドが混み合うこともなく、普段見ない犬山の街を堪能できました。

 

このコースを選んだ人、相当選りすぐったんだろうな、とう感想。

 

何度も試走をして安全確認したと開会式でも言っていたしな〜。

 

次回は晴れると良いですな〜。