読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最高級ロードバイクは危険な匂い・名古屋サイクルトレンド

先日開催された名古屋サイクルトレンド2017。

私はここで、様々なメーカーのロードバイクに試乗してきました。

あくまでもこれは私個人の感想ですので、念のため。

(今回の目的はTIMEのサイロンだったので、だいぶ偏った採点してます )

  1.  ウィアウィス
  2. TIME
  3. ORBEA
  4. NEILPRYDE
  5. Argon
  6. BMC
  7. グエルチョッティ
  8. FUJI

 (上記、試乗した順)

 会場着いてすぐ、試乗車受付のお兄さんに身分証を提示、用紙に記入したら、数字の書いた腕輪を装着されます。

これを、試乗車を用意している各メーカーさんに見せて予約。

あとは自分の番が来るまでドキドキしながら待ちます。

 

会場の雰囲気は、なんとなく『午後4時のコミケ会場』といった混み具合。

お隣ではオートトレンドをやっていて、むしろそちらのお客さんの方が多いくらい。

試乗車を受け取ったら、試乗コースまで歩いて持って行くのですが、人が多くて通れない、なんてこともなく快適。

 

試乗車の多くはノーマルペダル。

シマノクリートのところも皆無で、唯一ポディウムさんがタイムペダルでシューズも結構な数を用意していたので、自分のシューズサイズを把握しておくとスムーズで良いかも。

もちろん、履かずにスニーカーでTIMEにのってもいいんですけどね。

 

さて、肝心の試乗の感想を。

1,ウィアウィス・アサシン

 世界的アーチェリー用品のメーカーで、自社でカーボン繊維を編み上げる設備を持っているそうな。

wiawis.niu-mon.com

へー、世界一なんですね、知りませんでした。

ただ、『アサシン』自体は雑誌でちょろっと見て知っていましたので、試乗できると知って嬉しくなり、真っ先に試乗しました。(いきなりTIMEに行くのが怖かった)

 

 「アサシンはロングライドモデルなので、なるべくガタガタのところを選んで走ってみてくださいね」 

 

ウィアウィスのスタッフさんからそう言われ、ガタガタのところを選んでみる。

持った感じ、軽い。

そして走り出すと振動が違う。

オルベア・オルカとは明らかに違うマイルドさ。

たった300メートルの試乗コースだったが、それがわかるくらいに違いがハッキリある。

いい、いいぞウィアウィス!

いいぞ名古屋サイクルトレンド!

 

それにアサシンの見た目も気に入った。

クロモリかと見紛うほどの細身のシルエット、細いパイプ。

ホリゾンタルフレームはラグ組み。

カーボン地が剥き出しのボディ。

ここまで、まるでTIMEがやっていたこととほぼ同じ。

 

だが柔らかい。

柔らかすぎるほどに。

 

どうでしたか? 踏むとぐにゃっとした感触で、柔らかくなかったですか?」

 

た、確かに。

だ、だが違う。私の欲しているものとは明らかに違う。

『クロモリは重たいから、週末まったり用に一台欲しいな。もちろん、見た目重視で』

という用途で選ぶなら、間違いなくこれ。

喩えるなら、バス通学の中学生。美術部で毎日遅くまで絵を描いている。

 帰りのバスではいつも熟睡。家までは片道一時間。

 触れたら折れそうな、か細い手足。体重は45キロ。

 ポニーテール。

 夕日が寝顔を照らしている…………

 

一気に犯罪的な臭いがしてきましたが、乗り始めの一瞬、そんなことが頭に浮かびました。

ダンシングすると私の体重を支えきれないのではないか、という杞憂が原因でしょうか。実際はそんなことはまったくないんでしょうけど。

(スニーカーなのでダンシングはしてない)

引きずり回すよりも、ゆっくりと連れ回してあげた方が喜ぶタイプなのでしょう、きっと。

 

 軽快感    ★★★☆☆

 加速性    ★★☆☆☆

 ハンドリング ★★★☆☆

 快適性    ★★★★★

 見た目    ★★★★☆

 

cyclist.sanspo.com

快適性について、これ以上は望めないレベルなのではないでしょうか。

なんか、次回に続きそうです。