読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイク練習・夜の部

三日坊主なのは暑いせいです。

 

ブログの存在すら忘れておりました。

 

東京の方ではコミケが始まり、全国的にはお盆の期間となり、ご先祖様が帰宅されたり、したりする、そんな季節ですね。

 

こんな田舎も県外ナンバーが溢れ、川ではキャンプファイヤーが炊かれ、裏山では若者の肝試しの叫び声が聞こえてきます。

 

仕事が終わった。帰宅時の反対車線は渋滞している。

少し進むと、渋滞の最後尾が見える。

渋滞としてはさほど長くない。

さらに進む。

夕日が目に優しくない田舎道。前の車は遅いが、ここではそれ以上のスピードを出して走ってくれるような年齢の者はいない。

しかし、県外ナンバーたちは家路を急ぐためスピードを求め、遅い車を追い抜いていく。

彼らは知らないのだ。この先に渋滞があることを。

いま急いでも一秒の得にもならないことを。

遅い車に憤り、ストレスを感じ、車内の雰囲気を悪くする。

泣き叫ぶ者、疲れて眠る者、コーヒーの摂取で胃を悪くする者。

強引な追い抜きを敢行するも、村で唯一の信号機に引っかかる者。

ほんの少し先のことが分かれば、あり得るはずの未来の姿が分かれば、あったかもしれない未来のことを考えて思い悩むこともないのに。

 

そんなことを帰宅中の車の中で思うのでした。

そして私は夜のロードバイク練に出掛け、プラモの色を少し塗り、歯を磨いて寝るのでした。