本の紹介

夏の読書感想文「キッドのもと」浅草キッド

浅草キッドの本を読んだ。 水道橋博士と玉袋筋太郎が交互に綴った形式の、自伝だ。 どうしてこの本の感想を書こうと思ったのか。 それは、忘れかけていたハングリー精神を思い出したから。 中学のころ、授業中は主に「中島らも」の文庫をこそこそと読みふけ…