読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TSSの壁

ロードバイク

トレーニング・ストレス・スコアという言葉がある。

 

他の競技は分からないが、ロードにおいてはTSS700が一つの指標になるようだ。

 

私はこれを、とあるロード選手の著書で知った。

 

この本のことは後日また記事にしたいが、プロ選手はコンディションを出場する大会に向けて仕上げていく。

 

三日間トレーニングを行い、一日休む。

この四日間のサイクルを10セット。

およそ40日間で、身体のレベルが一ランク上がるという。

しかしそれはあくまでもプロの場合だ。

プロは一日24時間をトレーニングに使える。それが仕事なのだから当然と言えば当然だ。気分がノらない日も、雨の日も、酷暑の日も。否が応でも乗らなければならない。

 

我々のようなアマチュアは結果が求められない。

だが時間もない。

おまけに、プロ顔も負けの『気分がノらない日』なんていうのもある。

いかにして練習時間を確保するか、それはここでは追求しないでおく。

私が気になっているのは、仕事を数値化した場合のTSSだ。

 

TSS(トレーニング・ストレス・スコア)

一時間を持続可能な出力で走行した場合を100として算出された数値。

先述の本によれば、短期間に700を蓄積してしまうと高出力が出なくなる、ということらしい。

 

例えば.....……100%の出力ならばTSS100となる。

しかし、これが80%だとどうか。

TSS80、ということにはならない。

残念ながらTSSは50にまで減ってしまう。

 

では50%の力なら…………答えはご自分で調べてもらいたい。

なぜなら私も詳しい算出方法を知らないからだ。

だが身体が高出力を出せない、ということは筋肉に疲労が溜まっていると言うことだろう。

疲労の種類にもよるが、トレーニングだけで700というのは相当厳しい。

社会人の場合、一日の練習時間を二時間と仮定すると三日でTSS600。

四日目は休息日とするのはいいが、実はこの時点でTSSは700を優に超えている。

 

やっと本題だ。

 

では勤務時間八時間と仮定した社会人一日辺りのTSSはいくらになるのか。

 

私の場合、緩急はあるが肉体労働だ。

もっとも忙しくない日のTSSは、一時間あたりどのくらいだろう。

心拍計を付けて働いてみたらいいのか?

常に動き続けているとして心拍は80〜120ほど?

とすると、TSSはざっくり計算すると20〜40くらいだろうか。

これが8時間でTSS240ということになる。

 

いかん。三日でTSS700を越えてくる。

これではトレーニングどころではない。

だが疲れ、疲労という観点から考えると、妥当なのかもしれない。

仕事の性質上、三連勤が一つのターニングポイントとなる。

四連勤ともなると、気分的にもしんどくなってくるからだ。

ただ、これは筋肉の疲労ではない。

寝ればとれる類いの疲れだ。

じゃあ、TSSはいくつになるのか。

 

体感的に考えてみるしかないが、100〜150ほどになるのか。

そのくらいだろう。

三日勤務して、休日はロングライドでTSS300〜400を稼ぐ。

もちろん、仕事で獲得したTSSは自転車を前に動かすためのものではないから、完全に棄てるだけの疲労だ。

本来は獲得したくないTSSといえよう。

 

で、今日だ。

今日は気分がのらなかった。

天気もいいし、乗れる日だった。

だが私はこの『気分』もTSSとして加算すべきなんじゃないかと最近、考えるようになってきた。

 

続きは明日…………

 

 

ロードバイク練習・夜の部

ロードバイク

三日坊主なのは暑いせいです。

 

ブログの存在すら忘れておりました。

 

東京の方ではコミケが始まり、全国的にはお盆の期間となり、ご先祖様が帰宅されたり、したりする、そんな季節ですね。

 

こんな田舎も県外ナンバーが溢れ、川ではキャンプファイヤーが炊かれ、裏山では若者の肝試しの叫び声が聞こえてきます。

 

仕事が終わった。帰宅時の反対車線は渋滞している。

少し進むと、渋滞の最後尾が見える。

渋滞としてはさほど長くない。

さらに進む。

夕日が目に優しくない田舎道。前の車は遅いが、ここではそれ以上のスピードを出して走ってくれるような年齢の者はいない。

しかし、県外ナンバーたちは家路を急ぐためスピードを求め、遅い車を追い抜いていく。

彼らは知らないのだ。この先に渋滞があることを。

いま急いでも一秒の得にもならないことを。

遅い車に憤り、ストレスを感じ、車内の雰囲気を悪くする。

泣き叫ぶ者、疲れて眠る者、コーヒーの摂取で胃を悪くする者。

強引な追い抜きを敢行するも、村で唯一の信号機に引っかかる者。

ほんの少し先のことが分かれば、あり得るはずの未来の姿が分かれば、あったかもしれない未来のことを考えて思い悩むこともないのに。

 

そんなことを帰宅中の車の中で思うのでした。

そして私は夜のロードバイク練に出掛け、プラモの色を少し塗り、歯を磨いて寝るのでした。

嫁を待つ間に。

さて、今年入籍したyukijimoです。

嫁を待つ、というのはゴドーを待ちながらとか、そんなやっかいな目に遭うのを歓迎している訳では断じて無いわけで、特に深い意味はございません。

 

ただ、書類一枚で結婚出来てしまうんだな、とかそれに際して費用はまったく必要なかったな、とか感慨にふけるだけで、単なる時間潰しにこれを書いています。

 

入籍はしたものの、いまだ別居状態。

 

部屋は探している最中ですが、それよりも家を買ってしまった方が良いのではないかとか、いいやそんなことより結婚式はどうした、とかいう声が主に身内から聞こえてきます。

 

ま、結婚指輪も婚約指輪も買ってないんで、段階を踏んでいくしかなく、それには時間が必要なわけです。

 

身内には「金がないから同居できないんだ」と言い続けていて、金の話が出た途端に誰しもが閉口してくれるのは、これぞ金の偉大さかと勘違いしています。

 

もうすぐカミサンがうちに来ます。

夕飯を食いに出掛けます。

一日中家にいるのもしんどいので、私が誘いました。

 

 

 

 

実は今朝、五時起きして独りツーリングに行ってきました。

ご自慢のロードバイクってやつです。自転車です。

陽が上がると暑いので、最近は夜か早朝にしか走らないことになってきました。

んで、今日もいつものコースを北上していたわけなんですが、今日に限ってそのコースが通行止め。

 

原因は土砂崩れ。

 

全くと言っていいほど車の通らないそのコースは、信号機もなく、ノンストップで走り続けられる最高の練習コース。

しかし今日に限って通行止め。

仕方なく国道に回ることにしました。

 

自転車って、私もそうだったんですが、車のドライバーにとっては邪魔者以外の何者でもありません。

特に通学中の高校生には何度も冷や冷やさせられています。

ま、私もそういった通学中の高校生の一人だったわけので、自転車が嫌で嫌で仕方がなかった。早く免許を取って車に乗りたい!と、ずっと思っていました。

 

話が逸れましたね。

 

国道に出た私は、極力ドライバーさんの迷惑にならないよう全力で走ります。

歩道はありません。

側道は草が生い茂り、白線まではみ出してきています。

道はでこぼこ。軽い登り坂。

時間は朝の通勤時間のまっただ中で、割と交通量もあります。

田舎ということもあり、みなさん、ずいぶん急がれていました。

すれすれを通り抜けていく自動車。

それは仕方ありません。

国道を走るロードバイクなんて自殺志願者のようなものですから。

時速60キロで走らない限り、貴重な朝の一秒を奪っていく「敵」でしかないのです。

国道の他に道がないのであれば、引き返せばよかったと心底思いました。

 

やがて短いトンネルに差し掛かりました。

テールライトを点滅させ、その暗がりへ突入していく私。

短いトンネルだからか、車はヘッドライトを点灯せずに走っています。

私は後ろを振り返って車が来ているか確認しました。

100メートル後ろに白いワゴン車が一台、あなたのことはちゃんと認識していますよ、と言う意味を込めての振り返りアクションでした。

 

が、無情にもワゴンはクラクションを鳴らしながら私の脇を通過します。

 

「Oh. Fu○k」

 

思わず声に出していました。

トンネルというものは道が狭く、決して走りやすい路面状況ではないことがほとんど。

命からがら逃げているつもりで走っていたのが、突然のクラクションにこんなおっさんの私ですら恐怖を感じました。

「心ないドライバーだな。まぁ、こんな田舎じゃ仕方ないか。朝だし」

朝というのは皆さん、頭が冴えていない。

半分寝ぼけた状態で運転している人ばかり。

(私も車通勤なので、朝は特に気をつけて運転します)

 

そのときはそう考え、国道をなんとか通り抜けました。

やっと脇道に逸れることができたとき、あの白いワゴン車のことが頭を過ぎりました。

 

「もしもあのとき、接触事故を起こしていたら、過失はドライバーにある。つまり、公道では大きいものが責任を負うことになっている」

と。

 

つまり、立場は車<自転車<歩行者、ということだ。

「Fワードは大人げなかったかも」

そう思いました。

「わりぃ、ごめんな。兄ちゃん許してや(おばちゃん、あるいはお姉さんだったかもしれないが)」

そういう寛容な心で接してあげるべきだったと反省しました。

 

何事も立場が上の者は、下からの不満を受け止めなければいけないものです。

 

そろそろカミサンが来る。

 

行かねば。

 

くれぐれも無謀運転のロードバイクと歩行者には気をつけよう。

 

しかし、それにしても、どうして車のドライバーさんは、揃いもそろってみんな運転中は口を半開きにしているのだ?

 

自転車からでもよーく見えていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾンの審査が通らなかった件

はい。

タイトル通りです。

ブログ作った当日にアマゾンアフィリエイトに登録しようとしたのがいけなかったんでしょうね。

原因は「全ての人に未公開」になっていた、という一点に尽きます。

 

ただ、このことで「ちょっとだけ考えが変わった」と言うか、「考えが甘かった」ことに気付きました。

いやもっと早く気付けよって感じなんですが、アフィリエイトで稼ぐには閲覧数を稼がないといけない。

つまりそれって、サイトが面白くないといけないってこと。

じゃ私に面白いサイトを作る力があるかという疑問にぶつかるが、それはここでは無視。

もう一度審査をしてもらって、早めに広告を出すべきなんだろうけど、それだと広告を変に意識してしまわないか心配…………。

 

と言うことで、しばらくブログを書く習慣が出来るまで自由気ままに書いていこうかなと思います。

どんな広告を載せるかも決まっていないし、どんなブログにしようかも決まっていないので…………。

ま、今日のところは「公開対象をすべての人」に切り替えて終了にしますか。

どうせ誰も見ていないでしょうから。

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼休み

まずは無難なところから、自己紹介することにします。

 

趣味はロードバイクとプラモデル。

そしてamazonでの買い物。

 

そのほかゲーム、アニメ、映画、音楽、料理、お裁縫といったインドアなものが主戦場です。

 

性別は男性。

 

仕事は「ガテン系肉体労働」というカテゴリがもっとも近いでしょうか。

 

前職は料理屋でしたが、「作業の手順を決定するスキル」なんかは役にたっていると思います。

 

有給休暇消化率100%なので、一般的な企業としてはお休みは多いんじゃないかと。

ブラック企業ならぬ、超ホワイト企業と言えるでしょう。ノルマも無いし。

 

ただしお給料が少ないので、こうしてアフェリエイトの真似事なんかを始めようと考えた次第でございます。

 

まだ広告を載せるところまで進んでいないのですが......まぁ、そのうちに何とかなるだろうとぼんやりと考えています。

 

f:id:yukijimo:20160806121027j:image